大森靖子COCOROMツアー 6/15 京都磔磔

感想。

時間がないのでメモだけしてあとで書き直します

 

・ガチャ予定以上にやっちゃった

・2列めというか押されて1.5列めくらいの位置だった

・リハ漏れ聞こえてワーってなった絶対絶望絶好調が1曲めで昇天

・生kill、バンドでは初めて聞いた ねえねえ…とか大変…を叫べてよかった

・非国民的ヒーローで身を乗り出した靖子ちゃんとファンの男性が手をめっちゃ繋いで支えてて羨ましかった 付近の人も爆レスもらってた…私も少し手に触れてしまった ここで押されて3列めくらいになってしまう

・ライザップ爆笑した、靖子ちゃん爆裂かわいい

・焼肉デート超聴きたかったうれしい

・‪draw(A)drow‬、圧倒されて地蔵状態 真っ赤な衣装とライトが映えすぎて最高

・わたしみ(じゃなくて流星ヘブンか死神だったかもしれない)でマイクスタンドにもたれかかる靖子ちゃんが磔刑のように見えてしまった、流星ヘブン→わたしみ→死神の流れとこの勝手なイメージについてはまた別に書きたい

・今日の音楽を捨てよがやさしくというかあたたかくというかまるくというか何かいつもと違うことを感じた(いつもがそうでないということではなくて…話すと長くなる…言語化できない…)

 

自分でもなんのこっちゃだけどちゃんと書き直す。はずです。

大森靖子ちゃん「PS」について

靖子ちゃんがファンの曲の感想とか考察とか見るの好きって言ってたし、でもまあ靖子ちゃんに届くことはなかなかないだろという感じだけど、自己満足で時々書きたいと思います あたま悪くて考察とかできないので感想書き散らしたり、無理やり曲を自分に寄せた上で自分の話をするとかしかできないけど でもなんか普通に誰に見てもらうとかじゃなく残したいなという気持ちはあるので…

 

プレイリストに持ってる音源は全曲ぶちこんでランダム再生で1曲選んでく、ということにします

 

今日は「PS」でした

PSは追伸のPSで合ってるかな、「p.s. わたしたちは、若くて、馬鹿で、きっとすぐ忘れてしまうけど、わたしのふるさとだけは、覚えていてね」ということだと思ってたけど靖子ちゃんだし他にも色々意味が込められてたら面白いな

 

歌詞、ほんとに全部のフレーズが詩としてあっいいな美しいな…と思った曲で、短編小説一本読んだような気になれます。

自分はあんまり恋愛してないので自分に重ねて共感とかはできないけど、そうでなくてもそれ自体の美しさとか切なさとかを感じることはできる…つもりで、この歌は自分の歌じゃないけど歌を聴いて思い浮かべた情景が美しいな好きだな、という風に思う歌です。

 

「出会ったばかりなのに 抱きしめたそのわけを 朝 洗面所鏡ごしに目があってきづいた」

出会ったばかりの人に対しては警戒心むき出して睨みつけてるタイプなので、だからこそこんなの超いいな…と思ってしまった

 

「今日こそはという毎日を きみも重ねてきたんでしょ」

恋愛に限らずだけど、私が人に対して潔癖であること、本来好き嫌い激しいわりになんだかんだ大体の人のことは受け入れてしまう、許してしまうことの理由はこれだなと思っている

どんだけムカつく人でもクソだなと思う人でもこの人にはこの人の憂鬱がある、生きてきた一日一日、切実さがあるのかも…と思うと生まれてしまった敵意とか殺意とか、それはもう煮えたぎってたとしても、冷水ぶっかけられたような気分になって罪悪感までおぼえてしまうことがある。同時になんでこんなやつのために私が後ろめたくならなあかんのや…というのもあるけど、でも本当にできるだけ、ひとりひとりがちゃんと生きてるということを、ほんとは軽視したくなくて…(これは予防線ですが普通に無理!と思うひとのことは軽視しちゃうこともあるよ自分のほうが大事だから…)

それが好きな人たち相手なら尚更で、好きな人たちの人生、重ねてきたものを思うと普通に胸が痛くなってしまえる。想像力がこういうことに関してだけはめちゃくちゃに豊かで(ゆがんでるかもしれないけど)、相手からしたら勝手なことを…という話かもしれないけど…

靖子ちゃんが、よくMCとかでみんなが一日一日を重ねて生き延びてきて会いにきてくれたことが嬉しい、みたいなことを言ってくれている。私が大事にしたいと思いつつできなかったりすることを、お客さん全員に対して本気でやってくれる靖子ちゃんがまぶしい。本気で、圧倒的な説得力でもってファンのこと大事にしてくれる靖子ちゃんが本当に好きです

 

「銀色の車で 一人暮らしのゆううつをさらわれてわたしはくさってくばかり」

絶対少女全曲解説に、一人暮らしの孤独だけが武器と思っていたから、恋をしたとき罪深いなと思った…という言葉があった。

武器というのは靖子ちゃんの音楽活動においてのことかなと思うし、全然違う話かもしれないけど、自分もいま一人暮らしで、一人暮らしの憂鬱と孤独があって、それゆえの強さだって得たつもりでいる。でもそれが、だれかを好きになったりしてしまっているとき、そうでなくても、適当なひととぬるい関係でお茶濁してるとき、すごく揺らいでしまう気がする。

恋愛に重きを置いて生きてないつもりだけど、一度片足でもつけてしまうとそのままズブズブ沈んでしまいがちなので、人生全部ひっくり返されたような気持ちになってしまう。大体実生活にも普通に影響してしまって部屋が散らかったりジャンクフード食べまくったりしちゃう…

この曲を初めて聴いたときはまだ実家でぬくぬくしてた頃で、そのときはこのフレーズにはそこまで何も思わなかったんだけど、一人暮らしを始めて、なんだ私意外としっかりしてるじゃん、と思ったあと恋愛なんかでグラグラになってしまって、また改めてこの歌詞に触れたとき、ウワーーーーーーーてなってしまった。

ノリ悪い

(昔と比べて)ノリ悪くなりましたね、と言われて生きる世界とか価値観とか一ミリも重ならねえ〜〜断絶しかねえ〜〜〜と思いました

例によって大人気ないからそれを普通に言ったら(もうちょっと言葉は選びました)病んでんすか?と笑われたけどこれを病んでるとしか形容できないの色々足りなすぎるでしょ…と思うのは心が狭いのかなあ

昔と比べて、というの話だけどその昔というのはどんだけバカにされても踏みにじられてもケラケラ笑ってピエロやることだったので、そんな風にしてボロボロになるくらいならノリ悪くていいや〜って今は思えています

あと、後輩の女の子が私のそういう部分を見て「お酒の席でそういう風になってる先輩見たくない」ということを言ってたらしくて、そうだよな、なんて見苦しいものを見せてしまったんだろう私は、と思ったりしていて…

他の人がしょうもない人に踏みにじられるのが大嫌いで、見たくなくて、それなら私がその役でいいや…と思っていたところがあるけど、それを見て嫌な気持ちにさせてしまう子がいることをわかってなかった自分が恥ずかしかったです。自分も大嫌いな行為に加担してるのに全く気付けてなかった、ふつうにあたまわるすぎる…

 

 

自分がまっとうだとか立派だとかは全然思わないし思いようがないけど、かといってそれでいいの…?と思う人がたくさんいてびっくりする、まあ違う価値観で生きてる人と比べるのはむだなことだと思うのでやめます

 

自分の価値観で良いと思う人に近づきたい、ちゃんと教養のある思慮深い人になりたい

といったその口開くと悪口めっちゃ出てくるので理想は遠い

もう好きじゃなくなったのかな

タイトルはエンドレスダンス/大森靖子ちゃんから

 

こじらせた片思いがいよいよ終わった…のかどうなのか、わからないけどもうエネルギー足りない感じがすごくするのでもうしばらく蓋をしたいと思う。

そりゃまあ考え方は人それぞれだし、実際は他意のないやつで、私が自意識過剰だったのかもしれないけど…ふられたけど未練めっちゃある人から久しぶりに連絡きて舞い上がったのに彼女おったんか〜いみたいなことがあって。性格が悪いので普通に「彼女いたんなら近く来たから…とか言わないでほしかったです」と本人に言ったし帰り際にもまた「めっちゃ凹みましたよ」と言って笑って逃げた(これはあてつけですというところまで言った)。逃げたいのは相手だよな、めんどくさいくそ女(私です)に絡まれてやんの。ウケる、かわいそう。まあ彼女とかにこんなクソ女いてさとか言ってくれたらいいよ

私は私が大事なので私だけは私のこともかわいそうがってあげよう

 

いい年してちゃんと恋人がいたことがないしたぶんこのままもう無理かなあという気がすごくしてるから、ちゃんと一人で生きてく術を身につけなきゃなあと思う。仕事大事にしよう…

人をなかなか好きになれなくて(というのも主観なので、人と比べたら別にそうでもないのかもしれないけど)、逆に一度好きになると神格化するレベルで好きになってしまう。神格化するということは生身の人間をじぶんの理想に押し込んで固めるようなものでほとんど暴力だよな。というわけで私は別に恋などしてなくてずっと暴力をしてたのかもしれない。

 

いくつかの強い光にすがって、神格化して理想の箱に押し込んで別に相手の本質とか生身の人間であるというところに本気で向き合う気がなかったのではないか。私が好きだったのは断片だけで、全体を見る気がなかったからこうなってるのでは。とか色々考察をしてもくだらないな〜しょうもないな〜もういいや〜という結論にしかならない。

もう好きじゃなくなったのかな。勝手なもんだな全く

 

精神的に潔癖すぎて、人に対してすぐウッとなってしまう。ウッとならない人を探すのは骨が折れる。ウッとなってしまった人のことを深く知ってウッとならないようにと…なんだよウッとなるって。とにかく人と向き合うのは本当にしんどい

もう人と本気で向き合うことにそこまでリソース割けないところまできちゃったから

精神ぶつけ合ってすり減らしてドロドロになるくらいしなきゃコミュニケーションと思えなくて、でもそのための活力は失われつつあり、しかもそんなのを望む人はけっこう稀で。

というのを言い訳にしてはいけないんだろうけど、なんとなく付き合ってなんとなく結婚して、ということが私には絶対できないという自信があるし、なら諦めるしかないじゃん…になってくるし

一緒に過ごす中でなんとなく、がもっと強固なまのに変わっていくものであるのは十分承知してるけどももう残機ゼロなので失敗とかしてられないし、時間が足りない…と思っちゃう 言い訳ばっかしてるから恋人おらんのやとかもう好きなだけ言えばいいよ

強がりと、本当にそうであってほしいの半々で書くと恋人がいるから幸せ、いないから不幸で哀れとか思い込めるのは世界が狭すぎるし想像力も感受性も死んでるよ…

 

今まで私のことを好きと言ってくれた奇特な人何人かのことを、結構頑張って知ろうとしてみたんだけど、結局男の人として好きにはなれなかったので、なんかもう本当に自信がないです

 

昨日は9千円くらい払って精神をボコボコにしてきた、愛しい後輩たちにも会えているのでそこでなんとか釣り合いとれたらいいんだけど僅差でボコボコのほうが上回っている気がする、後輩たちごめん…

はやく彼氏作れよ(おまえの彼氏とか絶対ウケる)みたいなのとか恋愛遍歴どうなの(普通にずっと恋人いないので引かれる)とかリンチだ 先述の彼女おったんかい案件と併せて心がバキバキになりました いわゆる「普通の人生」を生きることに不適合すぎる〜〜〜

9千円弱で買ったあたらしいワンピースはこんなにも私を幸せにしてくれるのに 靖子ちゃんは3千円(とちょっと)で買える本でこんなに私を強くしてくれるのに とか色々思ってかなしくなりました 

 

とにかく自分が情けないし馬鹿みたいだなあ

今日はちゃんと自炊をして掃除をして、明日は元気に仕事いけるようにしたいです

12月5日

来年は家計簿をちゃんとつけることを目標にしたい。倹約。今年は小さめの贅沢を重ねまくった年になってしまったので、来年は小さな節約を重ねるぞという気持ち。思うだけなら誰でもできるけどな…

 

毎年服をいろいろ買うたびにあー今年買った服はもう絶対数年にわたって飽きないと思う長く着られる…と思ってるはずなのに、季節が一巡するとなにこのゴミ袋…という感じになってしまうのはなんなんだろう。去年買った服、ほんとに半分くらい捨ててしまった。元々安い服だしメルカリなり古着屋なりで売れるほどでもない(実際どうなんだろう、メルカリなんでもありっていうけど流石に…という思いもある)し、毛玉とかきれいにするのも面倒だし…と本当に思い立ったらすぐ捨てすぎてふつうに仕事に行く服が足りなくなったりした。

安月給だしなんでも着こなすスタイルがあるわけでもないけどやっぱりできるだけきれいな服を着たい、という思いだけ一人前にあって困る。容姿がよくないぶん小綺麗にはしたいんですけどね…

 

着たい服と似合う服が違うことにはとっくに気付き、似合う服がなんなのかを見分けられるようにもなりつつあるかな…と毎シーズン思うはずなのにやっぱりちょくちょく失敗してしまってダメです。少しずつでも洗練されたい。垢抜けたい。がんばろう…

12月2日

不安定こそが安定のように思える、と昔の自分が2日だけつけてやめた日記に書いてあってあーそうかもな、まだそう思うな、と少し思った。なんのために生きてるかはわかんないから念の為に生きてるというのは今はもうあんまりわかんない、仕事をちゃんとする、どうにかなりたい、と漠然ながらに思うのと、大好きな大森靖子ちゃんの活動を追うこと、これだけあればもうこの人生を生きる目的、十分じゃん、と思えている。

 

今年父親を亡くして、その父親というのが、…とか色々書きたくなる気持ちはあるけれどもうつらつら語るのはしんどくて、ただ、家族は呪いだとも思っている私が、それでもやはり父のことは好きだった、もっと好きになりたかった、これから定年を迎えるであろう父、母、いままでは薄い関係だったかもしれないけど、これから変わる環境のなかで、家族をやり直せたら、もっと何かいままでと違う、なにか新しい関係を、そう思っていたから、とにかく悔しい。

 

おかざき真里さんの「かしましめし」で、ひとりでいるとちゃんとした食事も用意してあるのにジャンクフードやインスタントばかりを罰みたいに自殺みたいに食べてしまう(うろ覚え)というのが、ほんとうによくわかる一年だった。一人暮らし、最初の頃は張り切ってたのにな。部屋もどんどん散らかっていく。自分を、生活を、大切にしたい。別におしゃれでなくてもいいし、自慢できなくていいし、でも、ちゃんといろんなこと始末して、身の丈に合った、納得いく生活をしたい。

 

毎日は手作りだって靖子ちゃんが教えてくれたのに、私の毎日はほんとにどうしようもないな、できるだけはやくどうにかするから、待っててくれな未来の私、と書きながら食べてるのはコンビニのチキン ほんとにだめだな!!!!